サロンドパルール 衣装

 

ウエディングドレスといえば「白」。

 

今では当たり前となっていますが

なぜ「白」なのか、

実はこんな理由があるんです。

 

 

 

ドレスはもともとヨーロッパから日本に入ってきた文化ですが

その中世ヨーロッパでは、

カラードレスで結婚式を挙げるのが主流でした。

 

カラードレスは、結婚式後もリメイクをすれば

パーティーなどで活用できるため

選ばれることが多かったそうです。

 

 

しかし、

1840年、イギリス王室ヴィクトリア女王が自身の結婚式で

白シルクのウエディングドレスと手織りレースのベールを身に纏い、

この様子が新聞や雑誌などで大々的に取りげられ

ホワイトウエディングが大注目となりました。

 

ヴィクトリア女王は1837年から1901年まで王位につき、

イギリスの最盛期を現出させた女王なので影響力も大きかったのですね。

 

 

 

 

また、火つけ役は彼女ですが「白」が持つ、

 

「純潔」「無垢」「純真」

 

この表現がウエディングにはぴったり!

と、いう事で根強く定着していったとも言われています。

 

 

挙式は何色にも染まっていない「白」ドレスを纏い、

永遠の誓いを交わしたあとの披露宴では

あなた色に染まりましたよの意味をこめて「カラードレス」にチェンジする。

 

 

 

 

お色直しの理由もここからきているんです。

 

 

 

 

 

今では、「白」といっても、

オフホワイトやアイボリーなど

色やデザインも豊富になってきているので

選ぶ楽しみの幅も広がってきていますね!