2016.02.09【パーティースペース】

堅苦しい雰囲気の結婚式が苦手なカップルにおすすめ!カジュアルウェディングとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クルール3st パーティー
ではフォトウェディングやガーデンウェディングなど、カップルの個性を出したさまざまなスタイルの結婚式があります。中でも、堅苦しい雰囲気の結婚式が苦手なカップルおすすめのスタイルが、カジュアルウェディングです。形式にとらわれないスタイルであるため、アットホームな式を開くことができます。
今回は、カジュアルウェディングについてご紹介します。

カジュアルウェディングとは

クルール3st パーティーカジュアルウェディングとは、形式にとらわれないアットホームな雰囲気のウェディングスタイルです。親族や親しい友人だけを集めて、カジュアルに結婚式を楽しむことができます。
最近では親族だけで挙式を行ったカップルなどが友人にお披露目する場所として、カジュアルウェディングを開くことも多いようです。

また、カジュアルウェディングでは、比較的自由に演出内容などを決めることができます。自分たちの雰囲気に合った結婚式を挙げられることも、人気の理由の1つといえるでしょう。

カジュアルウェディングの会場について

カジュアルウェディングならではのナチュラルさやアットホームさを演出するためには、それに合った会場を選ぶことが大切です。

例えば、少人数でカジュアルウェディングを開く場合、庭が付いているゲストハウスやフォトスタジオなどがおすすめです。
開放感たっぷりの魅力的な庭で行う結婚式は、カジュアルでアットホームな雰囲気を簡単に演出することが可能です。

またフォトスタジオによっては、フォトウェディングを挙げた後にそのままパーティーを開催できるプランを提供しています。一生に一度の瞬間をプロのカメラマンに撮影してもらった後は、自然光が降りそそぐ庭でナチュラルな雰囲気のパーティーを開いてみてはいかがでしょうか。

自由なスタイルが魅力

7182-00036-3カジュアルウェディングの最大のメリットは、式の構成などを比較的自由に決めることができる点にあります。食事形式や演出内容など、予算やゲストに合わせて決めることが可能です。

例えば、あまり予算を掛けずにカジュアルウェディングを挙げたい場合、会費制にすることをおすすめします。
会費制であれば、あらかじめ設定した金額の中で料理やドリンクをまかなうことが可能です。
さらに、ゲストの方にとっても金銭的な負担が軽くなるため、参加しやすいというメリットがあります。

また、食事形式も招待するゲストに合わせてアレンジしてはいかがでしょうか。
例えば、友人や同僚だけでカジュアルウェディングを挙げる場合、立食形式でカジュアルな雰囲気を演出しましょう。ゲストとの距離が近くなるため、式に参加した全ての方と気軽に交流することができます。

反対に、比較的年配の方を多く招待する場合は着席スタイルがおすすめです。一軒家風のゲストハウスやカフェなどで行えば、ホームパーティー風のカジュアルな雰囲気を出すことができるでしょう。

演出方法にもこだわって個性を出そう

一般的な披露宴の堅苦しい演出が苦手な方でも、カジュアルウェディングなら自分たちらしい演出でゲストに楽しんでもらうことができます。

例えば、会場内にちょっとしたフォトブースを作成して、ゲストと一緒に記念撮影ができるスペースを設けてはいかがでしょうか。
スペース内にバルーンを敷き詰めたり、大きなフォトフレームを用意したりすれば、オリジナリティの高い写真を撮ることができます。ゲストの方にとっても良い思い出となるでしょう。

おわりに

今回は、堅苦しい結婚式が苦手な方におすすめしたいカジュアルウェディングについてご紹介しました。
カジュアルウェディングは、自分たちの雰囲気に合わせてスタイルや演出方法を決めることができるため、結婚式を気張らずに楽しみたい方にぴったりです。
しかしゲストの中にはカジュアルウェディングに慣れていない方もいるため、招待状にドレスコードや会費などについて、きちんと記載しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加