2016.02.10コラム(パーティースペース)

海外挙式を行ったカップルにおすすめ!帰国後のお披露目パーティー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サロンドパルール レンタルスペース
これから結婚を予定しているカップルの中には、海外挙式を計画している方もいると思います。リゾート地での開放的な雰囲気や、歴史あるチャペルでの式は憧れですよね。
しかし海外挙式となると、予算などの関係で友人や同僚を呼ぶことができない方も多いのではないでしょうか?しかし、人生の大切な節目となる結婚式には、親族だけでなく日頃からお世話になっている方にもお披露目したいものです。
そこで今回は、海外挙式を行ったカップルにおすすめしたい、帰国後のお披露目パーティーについてご紹介します。

お披露目パーティーとは?

お披露目パーティーとは、親族だけを招いて海外挙式を行ったカップルが、帰国後に親しい人たちを集めて行うパーティーです。基本的には結婚式のように形式にとらわれない、カジュアルなスタイルで行います。

予算や演出方法なども比較的自由に決めることができるため、個性的なパーティーを開くことが可能です。そのため挙式に呼ぶことができなかった友人や同僚などに、結婚報告やお披露目をする場として最適といえるでしょう。

開催時期や準備について

7182-00037-2海外挙式を行った後すぐにお披露目パーティーを開催したい気持ちも分かりますが、帰国後すぐにパーティーを開催することはおすすめできません。
なぜなら、帰国後は想像以上に疲れており、お披露目パーティーを開催するコンディションが整いにくいからです。

また、せっかく海外挙式を行ったのであれば、お披露目パーティーを開催する際に、そのときの写真や映像なども一緒にお披露目したいですよね。
海外の現地事情や配送業者によっても異なりますが、海外挙式のアルバムが納品されるまでには1~3カ月程度の時間が掛かるといわれています。そのため、納品時期も考慮しながら、お披露目パーティーの開催日を決める必要があります。

お披露目パーティーの準備は、海外へ出発する前にある程度終わらせておくと安心です。
開催予定日の4~6カ月前には招待客リストを作成し、人数と予算に合わせて会場を決めておきましょう。さらに、3カ月前には衣装や演出方法、料理の内容、招待客のリストアップなどを行います。

1カ月前には、招待状の発送や余興や演出内容、衣装やヘアメイクの打ち合わせなどが済んでいる状態が理想的です。

お披露目パーティーのスタイル

お披露目パーティーには、さまざまなスタイルがあることをご存じでしょうか?各スタイルの特徴を把握して、自分たちに合ったパーティーを開きましょう。

披露宴スタイル

7182-00037-3一般的な披露宴と同様に、フォーマルな雰囲気で行います。招待客へのおもてなしを重視したい方や、上司や年配のゲストを多く呼ぶ場合におすすめです。
基本的にはホテルや結婚式場、ゲストハウスなどの会場で行い、コース料理を振る舞います。

1.5次会スタイル

セミフォーマルな雰囲気で行うスタイルです。招待客の中心は友人や同僚でも、シックで落ち着いたパーティーを開きたい方におすすめです。
基本的に、招待形式は会費制になります。会費の設定金額によって会場や料理のグレードが変わってくるため、慎重に決める必要があります。
ご祝儀制にする場合は、その旨を招待状に記載しておくと良いでしょう。

2次会スタイル

友人や親しい人たちだけでアットホームなパーティーを開きたい方には、2次会スタイルがおすすめです。
基本的に招待形式は会費制で、料理も立食形式になります。会場もレストランやカフェなどのスペースを利用します。

おわりに

海外挙式に親族以外の人を呼べなかった方も、帰国後にお披露目パーティーを開けば一生に一度の晴れ姿を披露することができます。お披露目パーティーにはさまざまなスタイルがあるため、予算や招待客の雰囲気に合わせて選びましょう。
比較的自由なスタイルで開催することができるため、2人の個性を盛り込んだ楽しいパーティーを開いてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加