2015.11.29コラム(パーティースペース)

カジュアルでアットホームな結婚式を望むなら!結婚式ではなくウェディングパーティーや1.5次会を選ぶメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウエディングパーティー 自由
最近では大々的に披露宴を開く結婚式よりも、カジュアルでアットホームな結婚式を望む方が増えています。ウェディングパーティーや1.5次会などの新しいスタイルの結婚式は、形式にとらわれず自分たちでパーティーの内容を自由に設定できる魅力があります。従来の結婚式を挙げる予定のない方はウェディングパーティーや1.5次会の開催を検討してはいかがでしょうか?
今回は、ウェディングパーティーや1.5次会を選ぶメリットについてご紹介します。

リーズナブルに開催できる

ウェディングパーティーや1.5次会を選ぶメリットとして、まずリーズナブルに開催できることが挙げられます。

通常、結婚式には350万円程度の費用が掛かるといわれており、新郎新婦にとって金銭的な負担は小さくありません。また、新郎新婦だけでなく、ゲストにとっても3万円程度のご祝儀を用意しなくてはならないため負担が大きくなります。

一方、ウェディングパーティーや1.5次会は披露宴のような派手な演出を行わないため、低予算でも開くことが可能です。レストランやカフェなどを貸し切ってビュッフェスタイルをとれば、費用を抑えることができるでしょう。

会費制にすることが可能

_MG_0037ゲストにご祝儀をいただく結婚式に対して、ウェディングパーティーや1.5次会は会費制にすることが可能です。
会費制は、事前にどの程度金額が集まるのかを把握できるため、パーティー内容をスムーズに決めることができます。また、ゲストの方にとっても負担が少なく、気軽に参加できるメリットがあるといえるでしょう。

しかし、親族や年配のゲストの方の中にはご祝儀を渡したい方もいると思います。そのような場合は、臨機応変に対応するよう心掛けてください。ご祝儀をお断りすることは失礼にあたるためありがたく頂戴し、後日個別にお返しをすると良いでしょう。

カジュアルでアットホームな雰囲気を出せる

一般的に、ウェディングパーティーや1.5次会はレストランやカフェ、ゲストハウスなどを貸し切って行います。食事の形式を立食スタイルに設定すれば、ゲストとコミュニケーションが取りやすいよりアットホームな雰囲気を出すことが可能です。

ウェディングパーティーや1.5次会は結婚式と違い、必ずしも親族や会社の関係者を招待する必要はありません。そのため仲の良い友人だけを招いたカジュアルなパーティーを開くことができます。
少人数でも開くことができるため、大規模なパーティーが苦手な方にもおすすめです。

カジュアルな服装でも大丈夫

7182-00030-3ウェディングパーティーや1.5次会では、新郎新婦やゲストの服装も自由です。フォーマルな服装が苦手な方や、お腹に赤ちゃんがいてドレスを着ることが難しい方にとっては大きなメリットといえます。
また、タキシードやウェディングドレスなどをレンタルする費用が抑えられるため、金銭的な負担が軽くなるでしょう。

しかしウェディングパーティーや1.5次会に慣れていないゲストの中には、どのような服装で参加すれば良いのか悩んでしまう方も多いと思います。カジュアルな服装で行う予定の場合は、その旨をきちんと招待状に記しておくと親切です。

おわりに

今回は結婚式ではなくウェディングパーティーや1.5次会を選ぶメリットについてご紹介しました。
ウェディングパーティーや1.5次会は、新郎新婦だけでなくゲストにとってもさまざまなメリットがあります。カジュアルなスタイルで手軽にパーティーを開くことができるため、友人だけで楽しみたい方や、堅苦しい雰囲気が苦手な方にはぴったりな結婚式のスタイルといえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加