2016.07.01コラム(ウェディング)

フォトウェディングをさらに綺麗に!写真に映えるメイクやネイルのデザイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7182-00041-1
結婚式を挙げなかったカップルも、一生に一度の記念としてフォトウェディングを挙げる方は多いと思います。
フォトウェディングを撮影する際は、ウェディングドレスや撮影の小物だけでなく、メイクやネイルにもこだわりたいですよね。
そこで今回は、写真に映えるメイクやネイルのデザインについてご紹介します。

ウェディングドレスに合うネイルのデザイン

7182-00041-2ブライダルネイルはウェディングドレスの美しさをより引き立てる、大切な要素の1つです。画面も華やかになるため、普段のネイルよりも少し豪華にすることをおすすめします。

薬指を引き立てるポイントネイル

指輪をはめる左手の薬指を引き立てたい場合には、ラインストーンなどを使用したポイントネイルがおすすめです。薬指以外のデザインをシンプルなものにすれば、派手すぎるネイルが苦手な方にもチャレンジしやすいものになります。

キラキラしたラインストーンやビジューを使用したり、薬指だけラメで彩ったりしてはいかがでしょうか。
さりげないポイントですが、写真を撮った際に目を引くデザインとなります。

ナチュラル派におすすめしたいレースネイル

ナチュラルな雰囲気でフォトウェディングを挙げる方であれば、レースネイルをおすすめします。レースデザインはウェディングドレスとの相性も良く、写真映えも抜群です。
着用するウェディングドレスに合わせたレースの形にすれば、より綺麗に映えるでしょう。

和装に合うネイルのデザイン

白無垢や色打掛けなどの和装でも、手元を綺麗に見せるウェディングネイルは欠かすことができません。では、和装にはどのようなデザインのネイルが合うのでしょうか?

和装の定番!和柄ネイル

和装といえば、やっぱり和柄ネイルがぴったりですよね。
色打掛けを着る方であれば、着物の柄に合わせてネイルを作ってもらってはいかがでしょうか。原色を使ったネイルでも、和柄のデザインなら落ち着いた印象を与えることができます。

おめでたい日には紅白ネイル!

おめでたい日は、紅白ネイルでアクセントをつけてはいかがでしょうか。
白無垢を着る方でも、ベースをホワイトやベージュにして赤の模様を入れれば白無垢の美しさを邪魔しません。
また、紅白ネイルはゴールドやブラックなどの色とも相性抜群です。ちょっとしたポイントとしてラインストーンをつけたり、ラインを引いたりしても良いでしょう。

ウェディングメイクのポイント

IMG_1030_smallフォトウェディングを挙げる場合、多くの方が気になることといえば、「写真映え」ですよね。写真写りを良くするためには、メイクの仕方がポイントです。サロンドパルールのフォトウェディングプランは全てヘアメイク付きですのでお任せして大丈夫ですが、以下の点に注意して対応しています。

ベースメイク

ベースメイクは自分の肌よりも明るいファンデーションを使ってしまうと、写真を撮った際に不自然に白く見せてしまうこともあるため注意が必要です。光の具合で白くなることも考えて、ファンデーションの色を選びます。

アイメイク

アイメイクは顔の印象を大きく変える大切なポイントの1つです。しかし、濃すぎると派手な印象になってしまうため、上品さを意識しています。例えば、アイシャドウはパールが入ったものを使用すると上品に仕上がります。

また、眉は光の具合で薄く見えてしまうことがあるため、普段よりもやや濃いくらいが良いでしょう。

チーク

チークは光があたると目立たなくなることもあるため、気持ち濃いめにつけることをおすすめしています。チークを入れることによって、のっぺりとした顔になるのを防いでくれます。

リップ

色のないリップメイクは、写真ではぼやけてしまうことがあります。ナチュラルでありながらはっきりとした色味のあるリップを使用することによって女性らしさがアップします。
また、グロスはつけすぎるとギラギラして見えるため、唇の中央だけに乗せるようにしています。

おわりに

今回は、フォトウェディングのためのメイクやネイルのデザインをご紹介しました。
メイクやネイルはフォトウェディングの魅力をより引き立てるだけでなく、気持ちまで上げてくれる効果があります。自分に合うネイルのデザインやメイク方法を見つけて、フォトウェディングをかけがえのないものにしましょう。
なお、メイクが苦手な方は、プロのヘアメイクにメイクしてもらえるフォトスタジオの利用がおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加