2016.07.04コラム(ウェディング)

結婚式よりも入念に準備して!フォトウェディングに備えるスキンケアとボディケア方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7182-00044-1
フォトウェディングは写真撮影がメインとなる結婚式であるため、通常の結婚式よりも入念に準備する必要があります。また、フェイスケアだけでなく、ボディケアも忘れずに行いましょう。
今回は、フォトウェディングに備えたスキンケアとボディケアの方法をご紹介します。

フェイスケアの方法

フォトウェディングはコンディションが整ったベストな状態で臨みたいですよね。そのためには、事前のフェイスケアが欠かせません。では、具体的にどのようなフェイスケアを行えば良いのでしょうか。

保湿ケア

美肌をキープするためには、毎日の保湿ケアが大切です。洗顔後はすぐに化粧水をつけて、水分補給をしましょう。

手軽な保湿のケア方法としては、コットンパックです。
まずコットンに化粧水をたくさん染み込ませます。肌とコットンが密着するように顔に貼り付けていき、10分程したら顔からはがして完了です。

コットンを長く顔に乗せすぎると、水分が蒸発して逆効果になるため注意が必要です。パック後は、すぐに保湿クリームを塗って蓋をしましょう。

なお、フォトウェディングに向けて特別な化粧品を使用すると肌トラブルの原因となる恐れがあります。そのため、使い慣れた化粧品を使用することをおすすめします。

デコルテ&背中ケアの方法

7182-00044-2ウェディングドレスを着る場合は、デコルテや背中のケアも忘れてはなりません。

デコルテのマッサージ方法

きれいなデコルテラインを出すためには、リンパマッサージがおすすめです。血行が良くなっている入浴後に、ボディオイルを使用して行いましょう。

1.耳の裏から鎖骨にかけてリンパを流します

2.中央から外側に向けて、鎖骨の上をなぞってさすります

3.鎖骨の下に手のひらをあてて、中央から脇にむかってリンパを流したら終了です

背中ケアの方法

ウェディングドレスを着ると、意外と目立つパーツが背中です。背中は皮脂の分泌が多く、ニキビができやすいパーツであるため注意しなくてはなりません。

しかし、ニキビができるからといってゴシゴシ洗ったり、保湿をしなかったりすることは逆効果です。背中を洗うときは低刺激のボディソープを使用して優しく洗ってください。入浴後は化粧水やボディミストをつけて保湿を行いましょう。

また、背中の産毛が気になるという方も多いと思いますが、カミソリやシェーバーを使って自己処理をしてしまうと肌トラブルの原因となるため注意が必要です。フォトウェディングが近付いたら、ムダ毛の処理は専門のサロンなどで行うことをおすすめします。

腕&ハンドケアの方法

7182-00044-3二の腕や肘のザラザラなどは、意外と写真に写ってしまいます。そのため、スクラブマッサージを行って、腕もツルツルにしておきましょう。

スクラブマッサージのポイント

腕のスクラブマッサージを行う際は、手先から肩の方向に向かって行うようにしましょう。角質がたまりやすい肘は、円を描くように優しく2、3回マッサージします。
スクラブマッサージはやり過ぎると肌を傷つける恐れがあるため、週に1回程度を目安としてください。

ハンドケアの方法

フォトウェディングでは顔のアップだけでなく、手元を写すこともあります。そのため、指先のケアも怠らないようにしましょう。
手の皮膚はとてもデリケートなため、ささくれやひび割れなどに注意しなくてはなりません。こまめにハンドクリームを塗って保湿をしましょう。

また、日頃の習慣に気を付けるだけでも、手荒れを防止することができます。
水仕事をする際は必ずゴム手袋をつけたり、熱すぎるお湯のお風呂に入ったりしないようにしましょう。

おわりに

人生の大切な節目の瞬間を写真に残すフォトウェディングは、最高のコンディションで迎えたいですよね。そのためには、日頃からスキンケアやボディケアを欠かさないことが大切です。
これからフォトウェディングを控えている方は、今回ご紹介した内容を参考にして、ベストな状態で撮影に挑みましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加