2015.10.31コラム(ファミリーフォト)

フォトスタジオで卒園・卒業記念写真を撮影する際に使いたい小道具&ポーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

_MG_6442
卒園や卒業は人生の大切なイベントの1つです。これから始まる新生活への希望があふれる瞬間は、きちんと記念写真として残しておきましょう。
卒園・卒業記念写真をフォトスタジオで撮影する際は、小道具やポーズをばっちりきめて思い出に残る1枚を撮ってはいかがでしょうか。
そこで今回は、卒園・卒業記念写真を撮影する際に使いたい小道具とポーズについてご紹介します。

卒園・卒業記念写真を撮る際におすすめの小道具

サロンドパルール 入園記念ここでは、卒園・卒業記念写真を撮影する際におすすめの小道具をご紹介します。小道具をうまく使いこなして思い出に残る写真を撮影しましょう。

【卒園・卒業証書】

卒園・卒業記念写真を撮影する際に、「卒園・卒業証書」を持って撮影することをおすすめします。
証書は卒園や卒業を象徴する最大のシンボルです。そのため一緒に記念写真を撮れば、写真を見返したときにいつ撮影したものなのかがすぐに分かるでしょう。
また、卒園・卒業証書は、家で保管しているうちに存在を忘れてしまいがちです。そのため、卒園や卒業というタイミングで最大限に活用しておくことをおすすめします。

【思い出の品】

クラブ活動やコンクールなどでもらった賞状やトロフィーなどがあれば、卒園・卒業の思い出として一緒に写真に残しましょう。
また、幼稚園や学校で描いた絵や、工作の時間に作った作品なども小道具として使用することをおすすめします。このような思い出の品を記念写真に一緒に写しておくことによって、卒園・卒業までの間の思い出が詰まった1枚を撮ることが可能です。絵や工作などは、月日が経つにつれて劣化していくものであっても、写真の中で色鮮やかなまま残しておくことができます。

【入園・入学当時の写真】

入園式や入学式のときに撮影した写真を使用するアイデアも、ユニークな写真が撮れるためおすすめです。
顔や体つきの変化など、子どもが卒園・卒業するまでの間にどれだけ成長したのかが分かる1枚を撮ることができます。ご用意いただく際には額に入った写真で顔が大きく写っているA4サイズ以上のものをお願いいたします。

オリジナリティを出せるポーズ

卒園・卒業記念写真のポーズとしては、制服を着てカメラの前で真っすぐ立つポーズなどが定番です。しかし、せっかく卒園・卒業記念写真を撮影するのであれば、オリジナリティのある写真を撮ってはいかがでしょうか。

例えばサッカーが好きな子どもの場合はサッカーボールを持参してボールを蹴るポーズ、バレエが得意な子どもの場合はバレエのポーズなど、子どもの好きなことを連想させるポーズで撮影しましょう。そうすることによって、子どもの生き生きとした表情を写真に収めることができます。

子どもらしいユニークなポーズ

記念写真は動かずに撮影することが一般的です。しかし、動いている一瞬の動作を狙う写真を撮れば、ユニークな写真を残すことができます。躍動感のある子どもらしい写真を残したい方におすすめです。

例えば、子どもに賞状筒を持たせ、その場でおもいきりジャンプをさせたり、一回転したりしてもらいましょう。髪の毛や洋服がふんわり舞い上がる一瞬を写真に収めれば、勢いのある写真を撮ることが可能です。

子どもはカメラを前にするとどうしても緊張してしまいます。しかし、このように動きのあるポーズをとらせれば、自然な笑顔を写真に収めることができます。
卒園・卒業できる喜びや、楽しい雰囲気が伝わる1枚が撮れるでしょう。

おわりに

卒園・卒業記念写真を撮影する際に使いたい小道具とポーズについてご紹介しました。
卒園や卒業は子どもの成長を振り返ることができる大切な節目のときです。定番ポーズも素敵ですが、小道具やポーズをきめて個性的な1枚を撮影してはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加