2015.11.28【ファミリーフォト】 , マタニティ

夫婦でマタニティフォトを撮ろう!おすすめの撮影時期や衣装・ポーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サロンドパルール マタニティフォト
近年、妊娠期間中の思い出としてマタニティフォトを撮る方が増えています。マタニティフォトは妊娠している時期にしか撮れない特別な瞬間を写真に収めることができるため、ママやパパだけでなく生まれてくる子どもにとっても特別な記念になるでしょう。
マタニティフォトを撮る際はママだけではなく、パパも一緒に撮影に参加することをおすすめします。新しい家族の誕生を待ちわびている夫婦2人の姿を写真に残しておきましょう。
今回は、夫婦でマタニティフォトを撮る際のおすすめの撮影時期や衣装、ポーズについてご紹介します。

マタニティフォトを撮影するおすすめの時期

7182-00022-2マタニティフォトを撮影する時期は、安定期に入りお腹の膨らみが目立ち始めるころがおすすめです。
ちょうど安定期に入る妊娠5ケ月ごろはお腹が膨らみきっていないため、写真に撮っても分かりづらい場合があります。そのため、お腹の膨らみが分かりやすい妊娠7ケ月から9ケ月ごろに撮影することをおすすめします。

しかし、出産予定ぎりぎりの時期にマタニティフォトの撮影を予定している場合は、予定日より前に陣痛が来てしまうとマタニティフォトを残すことができない恐れがあります。そのような事態を避けるためにも、マタニティフォトを撮影する時期は余裕を持って決めましょう。

また、いざ撮影スタジオを予約しようと思っても、七五三や入学式などの繁忙期とかぶってしまい予約が取りにくい場合があります。確実にマタニティフォトを撮影するためには、早めに予約を取るよう心掛けてください。

マタニティフォトに合う衣装とは?

_01_1011マタニティフォト用のドレスにはさまざまな種類のものがありますが、せっかくマタニティフォトを撮るのであれば、お腹の膨らみが見えるような衣装を選んでみてはいかがでしょうか。

マタニティフォト用の衣装で人気の高いものは、チューブトップとマキシスカートが別れているタイプのドレスです。お腹をそのまま出すことができるため非常に写真映えします。
また、肌を露出することに抵抗がある方には、体にフィットしたロングワンピースや、クロシェなどの透け感のあるレースが使用された衣装がおすすめです。

飾らないマタニティフォトを撮りたい方は、ドレスではなく私服で撮影しても良いでしょう。私服でマタニティフォトを撮る場合は、体にぴったりとフィットする伸縮性の良い素材のものを選んでください。
マタニティ用のワンピースや、柄が目立つ服などはお腹の膨らみが分かりにくくなるため撮影の際には避けた方が無難です。私服で撮影する場合は無地でシンプルなものを選びましょう。

夫婦で撮るマタニティフォトのポーズ

7182-00022-2せっかく夫婦そろってマタニティフォトを撮るのであれば、夫婦ならではのポーズをとりましょう。

例えば、ママとパパの手をお腹の上に重ねてハートマークを作ってはいかがでしょうか。
ママの後ろから抱きしめるようにパパがお腹に手を添えて、親指と人差し指でハートマークを作ります。夫婦揃ってお腹に手を添えることで、2人の愛情が写真を通して伝わってくる1枚になります。

また、お腹を出しているママの横でパパもお腹を出すポーズをとるのもおすすめです。夫婦でお腹の比べ合いをするようなポーズをとることで、ユニークでオリジナリティの高いマタニティフォトを撮ることができるでしょう。

なお、妊娠期間中はお腹の膨らみで足元がよく見えないことがあるため、ポーズをとる際は転ばないよう気を付けてください。くれぐれも不安定な場所や体に負担を与えるような姿勢は避けるよう心掛けましょう。

おわりに

夫婦でマタニティフォトを撮影すれば、子どもが成長したときに写真を見返しながら一緒に成長の過程を振り返ることができます。マタニティフォト用の可愛い衣装の種類も豊富であるため、お気に入りの衣装を見つけて写真を撮影してみてはいかがでしょうか。
マタニティフォトを撮る際は体調に気を付けて、無理のないように撮影してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加