2015.11.02【ファミリーフォト】 , コラム(ファミリーフォト)

お宮参りにお食い初め…。写真に収めたい赤ちゃんのお祝い行事BEST5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7182-00019-1
赤ちゃんが生まれると、成長に伴い数多くのお祝い行事があります。赤ちゃんの健やかな成長をお祝いできる記念の日は、行事ごとに写真に収めておきたいですよね。しかし、赤ちゃんのお祝い行事にはどのようなものがあるのでしょうか?余裕を持って準備ができるよう、赤ちゃんのお祝い行事の時期と内容についてはきちんと把握しておきましょう。
そこで今回は、写真に収めたい赤ちゃんのお祝い行事BEST5をご紹介します。

【第1位】お宮参り

お宮参り 写真「お宮参り」とは、赤ちゃんの誕生をお祝いする行事です。生後1カ月に、赤ちゃんの健やかな成長を願って神社にお参りをします。

一般的にお宮参りをする際は、赤ちゃんに祝い着を着せます。両親も着物やスーツなどの正装をするため、記念写真を撮影するタイミングとしてはぴったりといえるでしょう。

また、赤ちゃんにとって生まれて初めてのお祝い行事となるお宮参りは祖父母や親戚が参加しやすいため、家族が集まるきっかけにもなります。
生後1カ月という貴重な時期に家族そろって記念写真を撮影すれば、一生の宝物となるでしょう。

サロンドパルールでのお宮参り撮影のポイントとしては、ご両親・祖父母や親戚の方々の衣装をなるべく華やかにすることです。スーツなどの正装となるとどうしても黒っぽいものが多くなってしまいます。しかし、サロンドパルールでご案内している撮影スタジオはナチュラルで柔らかいテイストとなっているので黒い色合いが多いとどうしても浮いてしまいます。また、お子様は白い祝い着を着ますが、生後一か月の小さなお子さんが黒づくめの服の大人に囲まれていると、写真としてはどうしても重く、圧迫感のある印象になります。

とはいえ、わざわざ購入する必要はありません。お持ちの服の中で少しでも明るい色(グレーや紺、ベージュなど)があれば部分的でも構いませんので、是非とり入れてみてください。

【第2位】1歳の誕生日

7182-00019-3「1歳の誕生日」は、赤ちゃんが初めて迎える誕生日で、赤ちゃんの成長を感じることができる大切な節目となります。初めての誕生日に、かわいい洋服を着せたり、部屋をデコレーションしたりすれば、思い出に残る1枚を撮ることができるでしょう。

また最近は、「一升餅」という、1歳をお祝いする昔ながらの行事が再び注目を集めています。
一升餅とは、一生食べ物に困らないようにと願いを込めて、一升分(約1.8kg)の餅を子どもの背中に背負わせる伝統行事です。子どもが一生懸命に餅を背負おうとしている姿はかわいらしく、ユニークな1枚を撮ることができるでしょう。

【第3位】ハーフバースデー

ハーフバースデーサロンドパルール
「ハーフバースデー」とは、生後6カ月をお祝いする行事です。もともとはアメリカやヨーロッパなどで行われていましたが、最近は日本でもハーフバースデーを行う方が増えています。
生後6カ月を迎えると、赤ちゃんの表情は豊かになり、動きも活発になります。めざましい成長を遂げるこの時期は、写真に収める絶好の機会といえるでしょう。

また、生後6カ月頃にはお出掛けする機会も増えてきます。そのため、この時期にはフォトスタジオなどでプロのカメラマンに記念写真を撮影してもらってはいかがでしょうか。かわいい服やコスチュームなどを着せて、特別な1枚を撮影しましょう。

【第4位】お食い初め

「お食い初め」とは生後100日に行う、伝統行事です。子どもが一生食べ物に困らないことを願い、食べ物を初めて食べさせる際に行います。しかし、実際お食い初めでは食べ物を食べさせる真似をするだけです。
それぞれに意味が込められた料理を口に運ぶ記念の瞬間は、写真に収めるベストタイミングとなります。

【第5位】初節句

150228_PARURE_RYO_A_0040
「初節句」とは生まれてから初めて迎える節句を指します。女の子なら3月の「桃の節句」、男の子なら5月の「端午の節句」にお祝いをします。
初節句は、雛人形や鯉のぼりなどのお祝い行事を象徴するアイテムをそろえることができるため、記念となる写真を撮影することが可能です。

おわりに

赤ちゃんは生まれてから1年の間で驚くほど成長します。お祝い行事ごとに子どもの成長を写真に収めておけば、かけがえのない瞬間を形として残すことができるでしょう。
また、家族が撮影する写真も素敵ですが、フォトスタジオで撮影する記念写真もおすすめです。素人にとっては難しい赤ちゃんの撮影でも、プロのカメラマンの手にかかれば赤ちゃんの生き生きとした表情を撮ることが可能です。せっかくの赤ちゃんのお祝い行事には、フォトスタジオで家族みんながそろった写真を撮影してはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加